もりやまファミリー歯科の一般歯科

痛くない・怖くない・相談しやすい歯医者です。

歯医者に行くのが嫌な方は多いのではないでしょうか。その理由で多いのは、治療が痛い・治療の音が怖い・先生が話しづらくて思った通りの治療が受けられない。といったご不満を持たれる患者さまが多いようです。当院は、このような歯医者に対するご不満を理解し、最小限の痛みや怖さに抑えるように取り組んでおります。

それぞれの治療に対し、痛くない・怖くない工夫をしています。

診療内容

  • むし歯
  • 詰め物・被せ物
  • 歯の割れ
  • 知覚過敏
  • 根管治療
  • 歯周病
  • 歯槽膿漏
  • 歯肉炎
  • 口内炎
  • 親知らずの抜歯
  • 顎関節症 など

当院は担当衛生士制です。気になることはなんでも担当衛生士にご相談ください。

むし歯治療

痛みの少ないむし歯治療

当院では、むし歯になってしまった歯の治療を行う際に、電動麻酔を使用するのですが音楽が流れ気をそらすことで痛みを感じづらいモノを使用しております。さらに麻酔を注射すること自体が苦手な方に表面麻酔もご使用することができます。どうしても歯医者さんの削る痛みに耐えられないという方は、ぜひ当院のむし歯治療をお受けください。

削る痛みを軽減する3ステップ

  • 表面麻酔を塗る

  • 麻酔液を温める

  • 細い針の電動麻酔を使用

当院ではMI治療を実施しております

MI治療とは?
MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)と呼ばれる、
なるべく削らない・抜かない治療のことを指します。

レーザーで精確にむし歯の範囲を測定する
ダイアグノデント

レーザーを使用し、むし歯になってしまった範囲を正確に測ることで、むし歯菌に侵された患部の削る範囲を最小限にとどめます。

むし歯をほおっておくと!?

むし歯になってしまった歯は、削るしかありません。
ほおっておいても自然に治癒することはなく、その歯だけではなく周りの歯にも広がっていきます。むし歯と診断された場合はすぐに歯医者さんへ行き治療してもらいましょう。

歯周病治療

手遅れになる前に歯医者さんへ

日本人の30歳〜40歳代の内、80%以上が歯周病にかかっているのはご存知ですか?実は歯を失う原因として、虫歯よりも多くの割合を占めています。
お口の中に細菌が定着し、炎症が生じて歯茎が赤く腫れ、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊されていきます。
手遅れになり歯を失う前に、歯医者さんで治療しましょう。

このような症状でお悩みの方は、早めに歯医者さんに相談しましょう。

  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきから血が出てくる
  • 飲み物がよくしみる
  • 歯が伸びてきた気がする
  • 口臭がきつい
  • 膿がでてくる

当院の治療方法

当院では、歯周病になってしまった歯の治療について内服薬にて治療することもできます。
また重度の歯周病になってしまっている歯に対して、外科的な処置も行っております。
他院で外科的な処置が困難といわれてしまった方もご安心ください。

歯周病の検査方法
  • STEP1_歯周ポケット確認
  • STEP2_X線で骨の検査
  • STEP3_検査結果の説明

スポーツマウスピースについて

自分の歯にあった
マウスピースを使ってますか?

自分の歯にあったマウスピースを装着することで、衝撃から脳を守るだけでなく、強い瞬発力を生むことも分かっています。
ズレたり外れたりすることでお悩みの方は、歯医者で作成するオーダーメイドのマウスピースを一度当院にてご相談ください。

診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児矯正
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 入れ歯
採用情報
BLOG